妊活・妊娠中は葉酸サプリでリスク軽減!明るいマタニティライフのために

妊活中や妊娠中、より健康に過ごすための秘訣は葉酸サプリで赤ちゃんやママにとってのリスクをできるかぎり軽減することです。「葉酸で赤ちゃんへのリスクが軽減できる理由は?どうして女性に特に必要なの?」等、色々な疑問を解決していきます。

妊活中、妊娠中には葉酸が必要

葉酸は女性にとって重要な成分なのですが、最近メディアで特集などが増えてきたとはいえまだまだ周知が完全ではありません。

というのも実は母子手帳に「葉酸の摂取」について掲載され始めたのは比較的最近のことなのです。

ですから昭和の中頃までに出産・育児を終えられた方の中には「妊娠中に葉酸が必要なんて聞いたことがないわ~気にしなくて大丈夫よ~」という方もおられます。

先輩ママの意見は妊娠中にはとても頼もしいので、そんな意見を聞くと葉酸の摂取って本当に大事なの?実際はどうなんだろう?と迷ってしまうでしょう。

しかし、葉酸に関しては赤ちゃんのある種の先天異常の発生を減らすことが医学的に証明されています。どうぞ自信を持って積極的に摂取して下さい。

どうして葉酸を摂らないといけないの?

どうして妊活中や妊娠中は医師や看護師が口を揃えてアドバイスしてくるのでしょう?

それにはちゃんとした理由があります。

妊娠中は通常の2倍の葉酸が必要

妊娠中は色々な栄養素が妊娠していない状態より多く必要になりますが、その中でも葉酸は2倍が必要となるため「意識して多く摂る」ようにしないと必要量に届きません。

お腹の中で赤ちゃんが順調に育つためにも、推奨されている摂取量はできるだけクリアすることを目指してください。

赤ちゃんの健康のために必要

葉酸には「細胞の分裂や増殖を促す」という作用があるため、お腹の赤ちゃんの脳や脊髄の基礎(神経管)が作られる時期は特に重要な役割を担っています。

重要な器官を作る時期はもちろんですが、赤ちゃんはお腹の中で絶えず細胞分裂して成長します。

出産の日まで常に充分な量の葉酸が補えているようにしましょう。

食事だけでは足りない分をサプリで補う

妊活中、妊娠中の方、皆さん日頃からご自身の身体の状態に気をつけているかと思います。

カルシウムやビタミン、鉄分などはどんな食品に含まれているか分かりやすいので、意識すれば比較的多く摂ることができます。

しかし、「葉酸」については一体どんな食品に多く含まれているか、どれくらい食べれば必要量をまかなえるのか、など少し分かりづらいのではないでしょうか。

ちなみに、もし神経管が作られている重要な時期に葉酸が不足すると神経管の先天異常を引き起こすリスクが高まってしまいます。(神経管閉鎖障害と呼ばれます)

葉酸摂取ですべての神経管閉鎖障害を防げるわけではないのですが、ちょっとでもリスクが減るなら頑張って葉酸を摂りたいと思うのではないでしょうか。

葉酸が多く含まれる食材としては「うに」「枝豆」「モロヘイヤ」「レバー」「納豆」などがありますが、妊娠初期はツワリも大変で毎日が戦いなのに、葉酸が多く含まれた食材を調べて葉酸メインの献立をしっかり考えるのは至難の業です。

そんな背景もあり、もっと手軽に安全に葉酸を摂取できるよう色々なメーカーが工夫を凝らして多種多様な葉酸サプリを販売しています。

サプリならいつでもどこでも手軽に持ち運べ、ツワリの最中でも口にしやすく、なにより「葉酸の多い献立を作らないと」というプレッシャーから解放されるのでとても便利なアイテムです。

葉酸の飲み方・時期と量について

妊活中から飲んでもOK!

葉酸サプリは妊娠が分かってからはもちろんのこと、妊活中からでも飲めます。

お腹の赤ちゃんは、ほとんどの人が妊娠に気づく前から、活発に細胞分裂を始めています。

そして4~7週目までには脳や脊髄の神経細胞のうち約8割が作られています。

「細胞分裂を助ける働きのある葉酸」を「脳や脊髄を形作るため活発に細胞分裂している時期」に間に合うよう摂取することが大切なのです。

厚生労働省でも葉酸について「妊娠する1ヶ月以上前より摂取」というのを推奨しています。

妊娠初期の摂取がとても大事

妊娠初期は妊娠期間を通して一番、葉酸を必要とする時期です。妊活中の方、妊娠が分かったばかりの方、さっそく自分に合った葉酸サプリを飲み始めましょう。

また、妊娠初期には葉酸を意識的に摂らなかったけどこれからしっかりサプリで補おうという方もいるかと思いますが、ぜひ納得のいく葉酸サプリを見つけて下さい。

出産まで飲み続けましょう

赤ちゃんは出産の日まで、すごい勢いで細胞分裂を重ねて成長していきます。妊娠後期は妊娠初期ほどの急激な成長はないのですが、それでも葉酸は常に必要とされます。

ですから葉酸サプリは出産する時までずっと続けるのが望ましいです。もちろん、出産後も続けて飲んで大丈夫です。

葉酸サプリは出産までの大切なパートナー。赤ちゃんとママを助ける、頼れる存在なのです。

一日に必要な摂取量

葉酸に関して、妊婦さんの場合に一日に必要とされる摂取量は480μg(マイクログラム)です。(厚生労働省・食事摂取基準、2015年版より)

葉酸は水溶性ビタミンのため余分に摂取した場合も尿から排出されるので、摂り過ぎに関してはそれほど過敏になることはありません。

ただし、あまりにも常識を逸脱した摂取により大量に体内に取り込まれた場合、蕁麻疹などの原因にもなりますので目安として上限量も知っておきましょう。

妊娠していても、していなくても摂取の上限目安は同じで、20代までは900μg、30代以降なら1,000μgになります。

とはいえ、しっかり用法・用量を守ってサプリを飲めば上限を超えてしまうことはほぼないと思って大丈夫です。

普段の食事から摂取される葉酸は微量なので、サプリを飲むのに加えて通常の食事……という生活なら上限を心配せず、健康的な食事を楽しんでください。

ここがポイント!葉酸サプリの選び方

葉酸サプリも、目に付く物を適当に選ぶのはリスクがあります。そのために幾つか、押さえておいて欲しいポイントがあります。

一日に必要な摂取量が配合されている

せっかく葉酸サプリを購入しても、葉酸の配合量が少なかったら結局は食事で補う必要が出てくるのであまり意味がありません。

一日に必要な摂取量がサプリで補える、そんな商品が理想的です。

余分な添加物が少ない

添加物が少ないこともとても重要です。なぜなら添加物の種類によっては、胎盤を通って赤ちゃんにそのまま届く場合があるからです。

添加物の過剰摂取は、時に赤ちゃんの奇形などの原因にもなり、また人によっては添加物によりツワリの吐き気が強くなるということも有り得ます。

天然より合成の方が吸収が良い

葉酸には「天然葉酸」と「合成葉酸」がありますが、分かりやすく分類すると

  • 天然葉酸=食品に含まれる葉酸
  • 合成葉酸=サプリなどの形にした葉酸

という分け方になります。

天然葉酸はそのままでは吸収されないため、一度体内で型を変えてから吸収されます。そのため吸収率が悪くなります。

ですがサプリなどの合成葉酸は、最初から吸収されやすい型に加工してあるので摂取した分が効率よく吸収されます。

厚生労働省でも葉酸の摂取は合成葉酸を勧めています。効率よく葉酸を摂るならサプリが最適と言うことになります。

ビタミンも一緒に配合されている

葉酸サプリはビタミン類も入っている物が望ましいです。

葉酸と一緒にビタミンが配合されていると下記のようなメリットがあります。

  • ビタミンB12・・・正常な赤血球を作る働きがUP
  • ビタミンB6・・・心疾患のリスクを減らす
  • ビタミンC・・・体内で葉酸の維持・吸収を手助け
  • ビタミンE・・・子宮の環境を整え、造血を助け、質の良い排卵をサポート
  • ビタミンD・・カルシウムの吸収がUPし、血中カルシウムの濃度も安定

などなど。代表的な物を挙げてみましたが、葉酸とビタミンがお互いに関係し合ってお腹の赤ちゃんの成長に貢献してくれていることが分かりますね。

GMP準拠工場で生産されたもの

身体に直接取り込むサプリですから、品質も安定していてほしいもの。

その「品質の安定性」を計る目安としてGMP準拠工場で生産されたものかどうか、を注意してください。

GMPとは「医薬品製造業で必要な、製造管理及び品質管理の基準」です。

これを守っている工場で作られた物を選ぶことで、消費者はいつも同じ品質の物を安心して服用できるというわけです。

安全性で選ぶおすすめ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

  • メーカー:ベルタ
  • 容量:120粒(約1ヶ月分)
  • 価格:5,980円(税込)

http://belta-shop.jp/user_data/folate.php

葉酸に加え、鉄分・ミネラル・カルシウムに美容成分など、嬉しい成分がてんこもりの葉酸サプリです。酵母葉酸という独自の工夫で、体内に葉酸が長くとどまるようにし吸収率を上げています。

ツバメの巣・黒酢もろみ・珊瑚カルシウムなど、通常では滅多に取ることのできない美容成分が含まれている点も注目です。

お得になる定期コースもあり、またずっと続けていきやすいよう色々なサポートがあります。

愛され葉酸

  • メーカー:オンライフ
  • 容量:単品コース 90粒(30日分)
  • 価格:7,980円(税抜)

https://aisare-yousan.jp/user_data/aisare.php?transactionid=4363ac8fe739a164576a8f0d1031dd5cc74fb4ef

ビタミン・ミネラル・カルシウムなどに加え、いま人気の乳酸菌なども配合されていて妊活中や妊娠中に嬉しいサプリです。

乳酸菌は300億個ということなので、腸内環境も整うでしょう。さらにDHAなども含有、赤紫蘇の成分も入っていて健康に良さそうです。

ナチュラルにこだわって作られたサプリで、また飲みやすさも重視し爽やかな柑橘系の香りがほのかにします。

定期購入の方には女性の美容と健康に関する情報誌も毎回付いてきます。お得になる上に買い忘れも防げるのでオススメです。

めぐりの葉酸

  • メーカー:FABIUS(ファビウス)
  • 容量:単品コース 90粒(30日分)
  • 価格:3,980円(税抜)

https://lp.m-yousan.jp/yosan

たくさんの栄養素を配合し、さらに天然素材100%で合成添加物や保存料が含まれておらず安心です。

また、天然酵母により発酵培養させた葉酸を使うことで栄養価や吸収率を上げています。

天然プリフェノール・ビタミンCたっぷりのローズヒップ・ミネラルたっぷりのサンゴカルシウム、と女性の美容に嬉しい成分も含有。

単品販売に加え、定期コースや2個セット・3個セット・5個セットなどバリエーションも豊富で、自分に合った購入方法で続けていけます。

AFC葉酸サプリ

  • メーカー:AFC mitete
  • 容量:120粒(30日分)
  • 価格:1,800円(税抜)

https://docs.google.com/document/d/1pi-vU4IjNHqqB9cQTy_C0wWYYHdeWTOkBLFKejGEmt4/edit#heading=h.v3cb5f3mj4jb

口コミでどんどん人気が上がっている葉酸サプリです。カルシウム・ビタミン・ミネラル・鉄分はもちろん配合。

直径約8mmの小さな粒はとても飲みやすく好評です。また原材料レベルでのコーティングにより気になるニオイや品質の変化も防いでいます。

デザイナーによるこだわりの素敵なデザインのボトル、大きさも持ち歩きに嬉しいサイズ。しかもこのボトルは、女性の爪が痛まないよう工夫して「回して開ける」タイプの物になっています。

こういったこだわりも、「子育て世代を応援する」という企業理念のAFCならではです。

ママニック葉酸サプリ

  • メーカー:ママニック
  • 容量:124粒(約1ヶ月分)
  • 価格:5,000円(税抜)

http://mamanic.jp/pc/yousan05l.html

高品質な栄養素を必要なぶんだけ絶妙に配合し、アミノ酸やビタミン・ミネラル、そして美容成分もしっかり配合。安心の国産野菜も入っているので栄養バランスもバッチリ。

乳酸菌・発酵黒たまねぎ・ざくろ・ライチ種子・イチゴ種子など、原材料を見るとその「栄養素へのこだわり」がよく分かります。

妊娠中や産後もキレイなママでいたい、という女性の願いを叶えてくれる強力な味方です。

薬局で買える葉酸アプリ

ピジョン 葉酸

  • メーカー:ピジョン
  • 容量:30粒(30日分)
  • 価格:1,058円(参考価格・税込)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-20360-%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E8%91%89%E9%85%B8%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9-30%E7%B2%92%E5%85%A5/dp/B00BSNC4L6

ベビー用品で有名なピジョンから発売されている葉酸サプリです。鉄分も配合してあるので効果もUPします。

またタブレットタイプもあり、病院内の売店や調剤薬局の売り場などでもよく見かけますのでお手軽に買える葉酸サプリです。

タイムリリース加工という、吸収のスピードをゆっくりにする加工がしてあるため、体外への排泄を防いでくれるでしょう。

ネイチャーメイド 葉酸

  • メーカー:ネイチャーメイド
  • 容量:150粒(75日分)
  • 価格:680円(税抜)

https://www.otsuka.co.jp/nmd/product/item_108/

誰もが一度は見たことがある、サプリ界の大手ネイチャーメイドの葉酸サプリになります。1ボトルで2ヶ月半(75日)使え、コスパが良いと言えます。

また2粒でホウレンソウ6株分の葉酸を摂取できます。

美容成分も必要な方は別のサプリで補う必要がありますが、各種のサプリを販売しているメーカーなので組み合わせは無限大です。

ディアナチュラ 葉酸

メーカー:アサヒ

容量:30粒(30日分)

価格:450円(税抜)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9-%E8%91%89%E9%85%B830%E7%B2%92/dp/B000QVVX7C

葉酸に加え、ビタミンB6やB12を配合しています。ボトル以外にパウチタイプもあり、少量だけ持ち歩くのには20粒入りのパウチがかさばらず便利ですね。

食事バランスがなかなか思うように整わず、野菜・果物不足の方にもオススメです。

安い市販品のデメリット

ドラッグストアなどで気軽に買える葉酸サプリは、比較的値段が安いという嬉しい点もあるのですがデメリットも知っておく必要があります。

そのデメリットとは「安さが売りの葉酸サプリの中には添加物を多く含むものがある」というものです。

どんな添加物がどんなふうに身体に影響を及ぼすのか、どの添加物が特に要注意なのか、素人にはほとんど分かりません。

また、日本では許可されていても海外では食品(サプリ)への添加を禁止しているようなものもあります。

以上をふまえ、安いからとお手軽価格のサプリにすぐに飛びつくのではなく、できれば避けて通るのが賢明な判断です。

毎日飲んでいくサプリなのですから、安全で高品質なサプリを選んで楽しく葉酸サプリ生活を送りましょう。

葉酸サプリについてもっと詳しく見る

貧血対策にも葉酸がいい!

女性は元々肉をあまり食べない傾向にあったり、月経などの影響で普段から貧血状態になっている場合があるというのはご存じかもしれません。

その上、妊娠中~後期ともなると鉄分をそれまでの2倍以上も摂取する必要があるので多くの女性が妊娠を機に貧血になったり、また元々の貧血が悪化したりしています。

実はママの貧血が悪化すると、胎盤を通して栄養をもらっている赤ちゃんが発育不全に陥ってしまう恐れがあるのでとても怖いのです。

そんな怖い貧血も、実は葉酸が強力にサポートしてくれます。

貧血に必要なのは鉄分と葉酸

葉酸は、血液の中でビタミンB12や鉄分と結びつく事で「健康な赤血球」を作る働きをします。

いくら「貧血にはとにかく鉄分!!」と鉄分だけを一生懸命に摂っても、葉酸がなくては正常な赤血球は作られないのです。

貧血にはレバーが良いと言われるのも、レバーにはこれらの葉酸やビタミンB12がしっかり含まれているため貧血対策にはとても良いからなのです。

葉酸の重要な働きを知ると、今までは意識していなかった人もこれから積極的に摂取していこうと思っていただけたのではないでしょうか。

ちなみに出産後も、葉酸がしっかり足りていると母乳の元となる血液がしっかり作られるので栄養のある母乳が出やすくなります。

そして粉ミルクに葉酸が含まれていることからも分かるように、葉酸は細胞分裂を助けるという役割があるので生まれてきた赤ちゃんにも必要となります。足りないと成長が遅れる可能性もあるようです)。

小さいうちは母乳を通してしか葉酸を摂取できませんから、より良い母乳・赤ちゃんの健やかな成長のためにも葉酸を飲むことを日常の習慣としたいものです。

リスクを軽減して明るいマタニティライフを♪

葉酸は妊娠初期の「神経細胞が多く作られる時期」に必要量をちゃんと摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを軽減してくれることが分かりました。

妊娠中は精神的に不安定になりますから、どんな小さな不安や心配事でも減らしていきたいもの。

葉酸サプリを上手に活用することである種の先天異常のリスクが減らせるのですから、知った時から早速行動しましょう。

そしてお腹の赤ちゃんと二人三脚、出産というゴールの日まで健やかに明るいマタニティライフを送って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です